月5,000円・・・

2014年01月19日 00:52

あと2ケ月ちょっとで
消費税が8%になる。

将来のためにきちんと使用してもらえるのであれば
仕方ないと思う。
しかし結局増税分は
すべてワケの分からない赤字の穴埋めで消えてしまうのだろう。

ファイナンシャルプランナーである(笑) 私は
家計簿ではないがここ数年一応支出の記録だけつけている。
超安月給なのでチェックしていないと銀行の残高が不足してしまうのだ。
記録ではあきらかに給料の手取りの金額より支出の方が多い。
多分児童手当でどうにか赤字を逃れているようだ。
(あまりシビアな帳簿ではないので完全に把握はしていない)

で昨年1年間の支出が確定したので
ついでに消費税が増税した場合
どのくらい税金がアップするのか
ざっくり算出してみた。

結果年間約65,000円
月約5,400円
増税となるようだ。
ちなみに10%になった場合
年間約110,000円
月約9000円!!

間違いなく給料が上がらないので
今年は月5000円
来年は1万円近く節約しなけらばならない事が確定。

とりあえず携帯の基本料が2000円下がるので
あと3000円か・・・
煙草吸わないし
酒も買うのを止めたし
缶飲料も買わないし
弁当持参だし
新聞も止めてるし
小遣いもほぼゼロ。

やっぱりアルバイトかな
そういえば先日チマチマやっていた
アンケートサイトでやっと500円分稼いだのだった。
う~む効率悪い。


スポンサーサイト


コメント

  1. やる像 | URL | B3uNnUig

    今晩は
    給料の増えない中での増税。持ちこたえられるか不安な人多いです。
    知人の商店街でも廃業を視野に入れている方が多いという話も。
    景気が良くなって、我々の所得が増加している中での増税なら、しのげるかも知れませんが、給与が増えない中での増税。もう節約できるものもない家庭もあるはずです、なのに・・・・国際公約の元に押し切られてしまうとは・・・
    安倍総理も、景気より美しい国を優先させたいのか?そう勘ぐってしまいます。
    1997年4月の増税の時も、前年一瞬景気が良かった時があり、その時とすごく似ているな気がします。まあ前回は増税+特別控除の廃止やら、わざわざ所得を減らすような事をしてくれましたが。
    今回は、純粋な増税+我々にはあまり関係ない減税とのセット。
    結局選んだのは国民なので、自己責任なのですかね?いまひとつ納得できませんが。

    私事ですが、私も心身とも今の職場に少しバテてきました。前職より給与が下がっているので、友達の店で安く飲ませてもらえるのが唯一の慰安です。今日の私のブログに書きましたが1989年時は本当に日経平均が3万4千円を超えていたのですね。昔日の思いです。
    とにかく健康だけは何とか維持して乗り切りたいです。

  2. locamoka | URL | -

    Re: タイトルなし

    やる像様

    コメントありがとうございます。

    巷では高額商品が売れてきている等
    景気が良くなっている証など言われているようですが
    実際はもともとアベノミクス以前からお金を持っていた人たちが
    前より使うようになったに過ぎないような気がします。
    増税になったら普通のサラリーマンは一気に
    買い控えするのでは?

    1989年はまだ学生でした。
    バブル世代などと言われますが
    本当にバブルの恩恵を受けていたのは
    今リストラで社員のクビを切りまくっている世代
    なんですがね・・・

    そう健康だけは気を付けましょう。
    実は私も色々あって精神的に厳しい状況なのですが
    負けずに絶対に乗り切ります!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://restraman.blog22.fc2.com/tb.php/927-e90c6d01
この記事へのトラックバック