--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び・・・天の配剤

2012年07月31日 03:01

通勤途中に
狭くて直角に曲がる道がある。
先日その道を
4t平ボディーのトラックが
減速をすることもなく
何事もなかったように曲がっていった。

実は私は失業中に
バスの養成の試験を受けた事があった。
筆記や適性検査を通過し
残りは実技のみとなっていた。
普通免許のみの養成の場合
実技は4t平ボディーのトラックが
試験車両だった。
乗用車と違うシフト配列に戸惑うものの
ほぼ問題なくコースを走行。
側道から大きな道へ合流するため
サイドミラーで後方を確認しながら・・・
”ガクン”
後方の車に気を取られ急いで合流しようとしたため
後輪が一瞬分離帯に乗り上げてしまった。
と同時に試験官の
”ハイッ!”
という声が耳に入ってきた。
結局脱輪ということで試験は中止となった。
ちなみにそれがこの日。

書類も通過しない。
面接にも進めない。
失業期間は2年を過ぎてしまった。
もう正社員になれるのはこれが最後のチャンスだと思っていた。
脱輪さえしなければ・・・

それから1週間
悔しくて、情けなくて・・・眠れなかった。
そして翌日からまた先の見えない地獄の日々が始まるのだった。

あの時もし脱輪していなければ
今頃私はバスの運転手だったはず。

養成時は時給での仕事。
仕事をしながら教習所に通い大型二種の取得を目指す。
無事免許が取得できると
時給のバイト扱いから契約社員へ。
その後1年間契約社員として働き
やっと正社員となる。
という事は、つまり昨年受かっていても
今頃やっと正社員になれるか、なれないかという状況だったのだ。

良かったのか?
悪かったのか?

結局試験に落ちてしまった私は
その後バイトをしながら先の見えない就活を続けるのだが
結果としては
どうにか正社員としての職につくことができた。
一応前職に近い仕事であり
待遇等不満はあるものの
人間関係等、職場の環境は
悪くはなく、むしろ恵まれているかもしれない。

面接を受けてもどんどん落ちる人間いうんは、
逆からいえばその人間にふさわしいところへ
落ち着かそうという天の配剤なんや



必ずそうなるとは思わないし、言わない。

でも、そう思えば少しは気が楽になるし
もう少し頑張れるかもしれない。

そして実際にそんな経験をした人間がここにいます。




スポンサーサイト


コメント

  1. マッキー | URL | 1MqZTUZc

    面接落ち続けは、凹みました・・

    私も2年前の失業時は、年齢も49歳だったのであらゆる業種(正規・非正規問わず)応募しまくりましたが、30社以上落ちまくり、結局に給与面を妥協してやっと今の所に採用されたのが、もう失業保険の切れる2ヶ月前でした・・(汗)

    もしも、今でも給与面や正社員にこだわり続けていたら、失業保険は切れて貯金を切り崩して生活していくも、その貯金もなくなって、路上生活?あるいは生活保護?になっていたかもしれません。。

    そいいう意味では、今後も展望は不透明ですがとりあえず収入は少ないながらも仕事をしているという面では、精神的なプレッシャーやストレスはなくなりました。


  2. locamoka | URL | -

    Re: 面接落ち続けは、凹みました・・

    マッキー様

    展望が不透明でも何でも
    とりあえず仕事があり収入があるというのは
    本当に幸せだと思います。

    お互い頑張って生きていきましょう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://restraman.blog22.fc2.com/tb.php/847-13aebcbc
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。