ザリガニよさらば!

2009年06月13日 23:14



今日は2週間ぶりにテニス。
教習所とは違い気楽にできるので良いが
あいかわらずヘタである。
ただ昨日からちょっと喉が痛く調子が悪い。
風邪なのだろうか?
まあいくらでも休めるので別に良いのだが・・・

うちには水槽があり
初めはネオンテトラとかグリーンネオンとか
普通の熱帯魚を飼っていた。
5年ほどたったある日
金魚すくいで取ってきた金魚を入れるところがなく
仕方なく水槽に入れてしまった。

案の定何匹か熱帯魚は死んでしまったが
数匹は一緒でも問題がなかった。

次に近くの川で取ってきたクチボソをもらい
それも入れると・・・・
最後まで残っていた熱帯魚も死んでしまった。
(ただし寿命に近かったのだが)

で結局雑魚と金魚になってしまったのだが
そこに追加でザリガニ(これも川でとってきたもの)
を入れた。
ザリガニは共食いすると聞いていたのだが
大丈夫だった。

・・・しかし
ザリガニは水槽を著しく汚すのだ。
掃除をしても1週間程度で緑色になってしまう。
緑色で見えない→魚を見ない→世話をしない。
という事でカミさんが怒ってしまい
水槽をやめようと言う。

でもここで水槽をやめるというのも
今まで面倒な水槽の掃除をやってきた自分としては面白くない。
そもそも最初に水槽を欲しがったのはカミさんなのだ。

という事でザリガニを川に放す事にした。
水槽の中のザリガニを1匹捕まえプラケースに移した。
残りの1匹は水槽に入れた壷の中にいたので
壷を取り出し、プラケースへザリガニを出すと・・・
一緒に小石が大量に出てきた。
が良く見るとザリガニの子供だった!!

前回の掃除の後交尾をしていたので
子供が生まれるのは分かっていたのだが
すでにこんなに大量にいたとは。
前に子供を見つけた時はもう少し大きく
1匹しかいなかったので他の魚かザリガニに食べられてしまったのだろう。

で子供も一緒に川へ放す事にしたのだが
車で川の近くに行き
放流しようとプラケースを見てみると!
子供がいない!
どうやら親に食べられてしまったようである
かわいそうな事をしたが
水槽にいても結局は生残れないであろう。

さて明日は水槽の掃除をしなくては。





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://restraman.blog22.fc2.com/tb.php/77-55a44d88
    この記事へのトラックバック