ついに週末・・・

2011年01月14日 23:59

結局昨日もあまり眠れなかった。

失業者なので別に昼まで寝ていたところで
問題ないのだが
緊張感がなくなるのが一番怖いので
眠い目をこすりながら支援会社へ。

途中不動産屋の前を通る。
昨日は寒い中窓を水拭きしていた。
今日は準備運動?をしているようだ。
客商売の仕事としてはまあ当然なのだが
長年ぬくぬくと甘い環境下で仕事をしていた自分は
大丈夫なのだろうか?
しかしもし未経験から不動産の営業をするのであれば
今の年齢が最後のチャンスだろう。
どうにか入って2年経験できれば45歳になっても
最悪営業なら仕事はある・・・のかな?
まあ今の職歴よりは選択肢が増えるのは間違いない。
と考えておこう。

本日も変わり映えしないPCのモニタを眺め
ため息をつく。
DM用の書類を作成しようとノートPCを持参したが
何だかモチベーションがあがらばい。
そこへ追い討ちをかけるように”お祈りメール”
最初からダメとはわかっていて応募していたものの
もうため息もでないよ・・・

とはいえ負けるわけにはいかないので
手持ち案件がなくならないように転職サイトより1件応募。
面接待ち1件、書類審査待ち1件、WEBエントリー1件
にて週末をむかえることになった。
さて来週はどのように戦おうか?
いよいよDMか?

スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. minochi | URL | -

    不動産営業に関しては、若い時からやっていれば、毎月のノルマにも慣れて何とか数字を残せますが、40歳を超えて未経験であれば、なかなか数字も残せません。また、店長が自分より年下であれば毎日の叱咤に耐えられないと思います。不動産屋を選ぶときはくれぐれも注意して下さい。ハウスメーカーの営業は仲介営業よりも一段と厳しいのでお勧めできません。やはり若い時からのハウスメーカでの経験がないとまず長続きはしません。ロカモカさんのキャリアが活かせる事を基本にして挑戦するのが結局は近道のように思えます。頑張りましょう。

  4. locamoka | URL | -

    Re: まさに悪夢の日々

    しんのすけ様

    本当に悪夢の時代ですね。
    結局私も甘い幻想を抱いていました。
    失業直後は上場企業に再就職する夢?を見ていたので
    前職の給与をまじめに記入していましたが
    現実を知るにつれ下方修正?して記入し
    かつ希望年収もさらに下げていますが
    現実はさらに厳しいですね。

    家は手放さなくて良いのであればそれが一番ですが
    あまりにそれに拘って
    もっと最悪な状況にならないように考えています。
    カミさんと子供たちが無事に人生を送れればそれで良いです。

    しんのすけ様のキャリアであれば
    絶対に次の道が見つかるはずです。
    それは考えていた道ではないかもしれませんが・・・
    しんのすけ様こそDMにうってつけだと思いますよ。
    ダメ元でも送ってみるのはいかがでしょうか?
    今のバイト中心の生活より少しは明るい未来が描けるかもしれません。

  5. locamoka | URL | -

    Re: タイトルなし

    minochi様

    コメントおよびアドバイスありがとうございます。

    正直キャリアを活かせる仕事を探していると
    たぶん10年たっても仕事は見つからないと思います。

    不動産屋ですが知人から小さいところよりは
    きちんと会社になっているところの方が良いとは言われていますが
    未経験のおっさんに選べる権利はありません・・・
    はたして拾ってくれるところがあるのか?どうか?
    というのが現実。
    まあ拾ってもらえればラッキーと。
    とはいえ入ってからの方が苦労するのでしょうが・・・

    頑張りましょう!!


  6. PCD | URL | -

    自分がもし主任者の資格を活用するとしたら、少子化、世帯数減、単身世帯増という絶対的な住宅需要減少という背景から、ハウスメーカー、都市部の不動産業ともに避けます。

    需要の伸びるであろう、lターン、Uターン者の住宅ニーズをまかなう地方の不動産店、都市部だったら外国人、海外からの移住者の住宅ニーズにこたえようとする不動産店などに注目しコンタクトします。

    いずれもニッチですから、現在は小規模な企業、または個人でしょう。

    資格が必要な仕事は必ずあります。

    あとは、外国人移住者向けニーズに取り組もうとしている行政書士何人かにコンタクトし、ビジネスモデルを話し合い、パートナーを確保します。

    主任者の活躍する場はあると思います。

  7. locamoka | URL | -

    Re: タイトルなし

    PCD様

    コメントありがとうございます。

    私もほぼ同意見です。
    とはいえニッチであっても需要がなくなる業界ではないので
    少子化であれば少子化の
    単身世帯増であれば単身世帯の商売が少なからずあると思います。
    ただ地方については厳しいと思っています。
    業界的には体質が古く、習慣に守られてきた業界ですので
    逆に儲かるようなチャンスがあったりしないかな?
    など妄想もあったりしますが・・・
    何にせよ実務経験が無いと先に進まないので
    どこかの不動産に潜り込めないかな?と考えています。



    > 自分がもし主任者の資格を活用するとしたら、少子化、世帯数減、単身世帯増という絶対的な住宅需要減少という背景から、ハウスメーカー、都市部の不動産業ともに避けます。
    >
    > 需要の伸びるであろう、lターン、Uターン者の住宅ニーズをまかなう地方の不動産店、都市部だったら外国人、海外からの移住者の住宅ニーズにこたえようとする不動産店などに注目しコンタクトします。
    >
    > いずれもニッチですから、現在は小規模な企業、または個人でしょう。
    >
    > 資格が必要な仕事は必ずあります。
    >
    > あとは、外国人移住者向けニーズに取り組もうとしている行政書士何人かにコンタクトし、ビジネスモデルを話し合い、パートナーを確保します。
    >
    > 主任者の活躍する場はあると思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://restraman.blog22.fc2.com/tb.php/652-414549c0
この記事へのトラックバック