浮谷東次郎

2010年03月06日 23:59

間もなく失業1年。
この間私は何をしていたのだろうか?

時間はあるが金はないため
図書館はうってつけの場所である。
週に何度か再就職支援会社の帰りに寄っている。
先日書架になつかしい名前の本を見かけた。
”浮谷東次郎”
モータースポーツ好きの人には
伝説の人物である。
1965年に23歳の若さで鈴鹿サーキットの練習中の事故で亡くなったのであるが
もし生きていれば日本のモータースポーツは変わっていたかもしれないとも言われている。

ただ私が最初にその名前を知ったのは
レーサーの浮谷東次郎ではなく
中学3年の時にたったひとりでオートバイで
東京-大阪往復1500kmを旅行した時の記録
”がむしゃら1500km”という一冊の本であった。
”冒険”とか”探検”とかに憧れる中学生だった私は
同じ歳でこんな事ができるのだ!しかも25年以上も前に!
と驚きと同時に勇気をもらったのだ。
そして彼の足元にも及ばないが
自分ながらの冒険として同じ中学3年の時に
東京-鹿児島間を自転車で一人旅をしたのであった。
この時行く先々で様々な人達に親切にしてもらった
思い出は決して忘れる事はない。

”浮谷東次郎 速すぎた男のドキュメント。”
と題された本は本人の著作ではないが
レーサーとしての魅力よりむしろ
人間として本当に魅力があった事が伝わってくる。
いつも明るく前向きな東次郎。
27年たってまた彼に元気をもらったのであった。

スポンサーサイト


コメント

  1. ぽんきち | URL | nS/1rAC6

    すごいです

    locamoka様
    東京-鹿児島自転車一人旅すごいですね。
    片道1000キロ以上はあると思います。
    中学生の時ということですが、夏休みを全部使ったのではないでしょうか。。。
    1日50キロでも20日以上はかかります。
    私もチャリンコは大好きでしたが、片道50キロくらいが限度でした。。
    locamoka様  やるーーーーーーー。
    若いときの力は、想像を絶するものがあります。ぜひ、鹿児島までの道を思い出す限りでいいので、つづってもらえればうれしいです。

    ps
    私は「サイクル野郎」という漫画を見ていました。

  2. locamoka | URL | -

    Re: すごいです

    ぽんきち様

    ありがとうございます。
    中3の頃は自転車に夢中で
    鹿児島へ行くために毎日学校まで
    往復50km走っていました。

    最初は旅を楽しんでいたのですが
    早く鹿児島へ到着するのが目的になってしまい
    毎日夜まで150kmくらい走って
    10日間くらいで鹿児島へ到着しました。
    帰りは自力で戻る気力がなくなってしまい
    自転車を先に宅急便で送って
    自分は青春18きっぷを使って各駅停車で2日間かけて
    戻ってきました。
    フェリー乗り場の人がずぶ濡れの私を見て
    お風呂に入れてくれたり
    食材を買うために入ったお店で餞別をもらったり
    本当に行く先々で親切にしてもらいました。
    中学生がひとりで野宿していたので
    最初は本当に心細くて怖かったのを覚えています。

    「サイクル野郎」は私も読みました。
    ただ既にかなりの巻数が出ていたので
    読んだのは最初の1巻と連載していた数話ですが・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://restraman.blog22.fc2.com/tb.php/345-c7a45f8a
この記事へのトラックバック