今まで何をやっていたのですか?

2010年02月09日 23:59

今日は再就職支援会社の面談なので
都内へ。
しかし進展があったわけでもなく
新しい案件があったわけでもなく
世間話で終了。
”人脈で何かありませんか?”
と聞かれたが業務での人脈って結局業者になってしまうし
元上司は定年だし・・・
こんなに期間が空いてしまうと今更話してもタイミングが遅すぎる。

再就職支援会社での面談の後
転職エージェントへ登録へ。
先日エントリーした求人への応募のため
登録が必要なのだが交通費も節約のため本日にしてあったのだ。

再就職支援会社で地図をプリントしようと思っていたら
一部PCがネットに繋がらず、プリントもできない状態で
結局時間がなくなって地図を出力せずに出発。
だいたい頭に入れていたのだが改札が違っていたらしく
1本道を間違えてしまい遠回りをして10分ほど遅刻してしまった。
予約時には1時間で間に合うと思っていたのだが
やはり本番では時間に余裕をみないといけないな。

そして担当との面談で言われたのが
”今まで何をやっていたのですか?”
というセリフである。

今までヤバイなと思ってはいたが
実際に面接があったわけではないので
面と向かっていわれるとショックである。

8月末までは社労士の勉強をしていた等で
誤魔化してみたが・・・

また希望退職について
”残る選択もあったのですよね?”との問いには
リストラされたというのはあまり印象が良くないと思い
”はい”と答えたが
”景気も悪いと分かっていて何故辞めたのですか?”
と引き続き問い詰める。
”業績が悪かった””割増退職金もあり先を考えての行動である”
との説明でも納得しない。

彼の言いたい事はこういう事だ。
辞めない選択があったのにもかかわらず
景気が悪いとは言え結局1年もブランクができるような状況になっている。
そのような先が読めていない選択をするのは如何なものか?と。
そしてリストラであり辞めざるを得なかったのでれば
それはそのように説明した方が良いと。
実際十数年間も一企業に属している人間が辞めるというのは
大変な事でありそれなりの理由が必要なのだと。
担当は人事の視点で面談しており
人事によってはそのようにきちんと説明しないと
印象が悪くなってしまうのだ。と

確かにそのとうりだと思う。
今までリストラ=マイナスイメージと考えていたが
場合によってはきちんと説明しなければいけないのだ。

しかし1年経ってしまったのも事実。
実際レジュメを見た担当者はあきれていた。
時間が過ぎればすぎるほど益々条件が悪くなっていく。
通常の転職とは違い、
これからはしなくても良かった苦労をしなけらばならなくなるのだろう。
本当に再就職できるのだろうか?
1年前の恐怖が再び襲ってきた。
先を思うと苦しくて、吐き気で気分が悪くなってくる。

すっかり落ち込み、ブラブラする気力もなくなり
今日は早めに帰宅。
もう自分はダメなのか・・・

スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. locamoka | URL | -

    Re: タイトルなし

    n.K様

    そうですか
    また増えているんですね・・・
    こんな状況では本当にどうなるのか厳しいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://restraman.blog22.fc2.com/tb.php/320-5676cd6b
この記事へのトラックバック