モンスターと草食系

2009年12月09日 22:50

日経ビジネスで
「団塊モンスター」というタイトルが目に付いた。

何でも定年退職して暇もお金も持て余した
団塊世代の人たちが消費者の対応窓口で
クレーマー化して困らせているとか。
そうはいっても本人達は決して悪気があるのではなく
自身の高度経済成長を担ってきた自負があり
正義感を持って良かれとの思いでの行動らしい。

なるほど
と思い少しネットで検索すると・・・
「XXモンスター」で出てくるのは
40代の親世代の
「モンスターペアレンツ」の話
ははは
どんぴしゃでオレ世代じゃん。
そしてそのモンスターペアレンツを憂いているのは団塊の方々。
聞いてはいたがこのモンスター達はまた物凄い。
本当に今の先生達は大変だよな・・・
と思いつつ先日の子供の担任の対応を思い出す。
もしかして自分もモンスター?

かたや草食系男子などと言われる
最近の若者。
まあこの「草食系」ていうのもマスコミが
面白おかしくするためにつけたようなイメージなのだが。
ただ間違いないのは最近の若い子が
”車”にまったく興味が無いこと。
そして目から鱗だったのが
今の若い世代にとって、物の値段は時間が経つと下がるという認識。
確かに今のデフレ時代今日より明日の方が安いのだ。
かたやバブルを経験したおっさん世代は
「今買わないと売り切れる」とか
「早く買っておけば安かったのに」という気持ちがあるのだ。

とまあ世代間であ~だこ~だ言うのは簡単なのだが
本当はどの世代が良くてどの世代がダメという単純な話ではなく
当たり前だがすべての世代は繋がっているのだ。
「団塊モンスター」がいて
「モンスターペアレンツ」がいて
「草食系男子」がいるという相関関係なのでは?
み~んな同じ穴の狢なのだ。

現在は富の世代間格差が激しいという。
確かにJALの企業年金が月50万円と聞くと
「え?」と思ってしまう。
私はそんな金額はもう現役の給料でももらえないであろうし
厚生年金をもらう事すら怪しいのだ。
そして若い世代はさらに厳しい将来を考え
節約し合理的に生きていくのだ。
「車」など金食い虫で、危険で、環境にも良くない
3Kの総本山のようなものなのである。
そんな風に考えるようになってしまったのは
今の日本の現状では当然の事なのだ。

「団塊」世代は「モンスター」ではあるが
そのボリューム、購買力からすると
実は宝の山なのだ。
この世代は6割程度がネットもバリバリ活用しているらしい。
暇と金と行動力を持て余している団塊世代。
口だけではなく是非ともお金も出して欲しい。

・・・ここをターゲットに何か商売やれば当たるかな?

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://restraman.blog22.fc2.com/tb.php/258-c229290f
    この記事へのトラックバック