中国

2009年11月10日 23:08

中国での新車販売数が1000万台を突破したとの事。
年間で1300万台に達する勢いでアメリカを抜いて世界一になるのは確実とか。

前の仕事で何度か中国に出張した事があったが
やはりその経済成長ぶりというか
勢いというのは強く感じた。
格差も物凄かったが・・・

求人情報を検索していると、とある求人が目に付いた。
デザイナーの募集なのだが、そもそもそんな求人自体珍しい。
よくよく見てみると、中国の会社の日本法人の求人だった。

ついにデザインにまでか・・・と色々考えてしまった。
中国は街の建物など外観はそれなりに見えるのだが
よくよく見てみるとハリボテのような
中身を伴わないものが多い。
コピーだけならデザイナーなど不要だが
デザインを必要としているという事は
中身も伴う本物の製品作りを目指し始めた?

国内市場だけですさまじい規模をもつ中国が
本格的にモノつくりに力を入れ始めたら
日本は太刀打ちできるのであろうか?

合理化、人員削減、・・・
と後ろ向きに現状を守っているうちに
大事なものをどんどん失っているような気がするのは
私のひがみなのだろうか?
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://restraman.blog22.fc2.com/tb.php/229-84a56af0
    この記事へのトラックバック