面接トレーニング

2009年10月23日 23:59

今日は午前中人材紹介会社へ登録へ
先日の求人の案件をもった紹介会社だ。
最初の案件は断っているのだが
他にも案件があるとの事でとりあえず登録に。
あまり期待はしていなかったが
案の定たいした案件はなかった。
まあ少しでも窓口が広い方が良いだろう。

午後は再就職支援会社で
面接のセミナー。
男性4名女性2名の6人が参加。
最初に自己紹介があったが
女性は外資、男性はメーカーだ。
皆大手のようであった。
1時間ほど講師の面接についての講義が
パワーポイントで行われ
残りの2時間は参加者で
面接のロールプレイ。
参加者の前で
面接官と面接者をそれぞれで行い
残りの参加者によるフィードバックを行うのだ。
皆が見ている前で行うので
大変緊張するが
自分の面接対応について
客観的に見てもらえるし
他の参加者の面接も確認できるので
大変参考になった。

しかしすでに失業してから半年。
本来この面接トレーニングはもっと早くに行うべなのだ。
他の再就職支援会社へ行った人達は
失業してすぐに面接のトレーニングを行ったと聞いていたので
私も確認していたのだが、前担当者は何も案内をしなかった。
いくらでも時間があったのに・・・

過ぎたことは仕方がないが
チャンスは二度と戻ってこないのだ。
いかに前担当者が酷かったのかが
改めて確認でき
担当を変更して正解だったのだが
このように担当によって
受けられるサービスが変わってしまうというのはいかがなものか?
もっと早く変更するべきであった・・・
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://restraman.blog22.fc2.com/tb.php/211-929465ef
    この記事へのトラックバック