他人のふんどし

2009年10月07日 23:43

今日の日経で
ドロップシッピングでのトラブルが急増しているという記事があった。
ネット出店、トラブル続出 「在庫抱えず高収入」と勧誘

不況による収入減やリストラによる失業などで
このようなネットビジネスへ手を出す人が増えるのは当然の成り行きだろう。
しかし結局他人がお膳立てするような商売が成功するわけがない。
・・・と言うのも簡単だが実際苦しい立場になると藁をもすがる気持ちになるのだ。
実際私も失業当時はドロップシッピングも含め、ありとあらゆるネットビジネスを調べてみた。
結論としては上記の通り「他人のふんどしで勝負」しても勝てないという事だ。
そして「同じ土俵で勝負しているかぎりは、大きなところにはかなわない」のだ。
だって皆近所に小さな八百屋があってもスーパーに買いに行ってしまうでしょ?
もう少し足を伸ばせばさらに大きなスーパーがあれば小さなスーパーより
大きなスーパーに行きますよね?
しかもネットなんかクリックひとつで世界の裏側まで行けるのである。

昨日テレビの「ガイアの夜明け」で
「マイホームを守れ」という番組をやっていた。
その中で老後の生活に備えてマンションを購入して家賃収入を得るという夫婦がいたが
気になったのが管理代行会社による“家賃保障”というやつだ。
家賃保障という名目で本来の利益が目減りするわけだし
そんなに人任せにして大丈夫なのかな?と。
投資するのであれば最低限のリスク管理は自分で行うべきではないのかと思う。
この夫婦はもしこの会社が潰れてしまったらどうするのだろう?

まあそんな人の心配より自分の心配が先だな・・・

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://restraman.blog22.fc2.com/tb.php/195-f6e75a3b
    この記事へのトラックバック