本日のお仕事

2009年08月25日 19:01

性格が飽きっぽいので
またまたテンプレートを変更しました。

今日はカミさんと子供は友達と出かけてしまったので
懸案の車の修理をする。

ちょっと当てただけなのだが
上下に広い範囲で多数の傷が入っている。
結構面倒そうだ。
ただ幸いな事に傷はバンパーだけであり
しかも側面についているので
自家修理でも何とかなりそうだ。

まずバンパーの傷のササクレをカッターでザックリと落とす。
う~む。もう後には戻れない。
次に傷穴にパテを塗りこむ。
1~2時間してパテが固まったら
♯320のペーパーで面を出す・・・・が
手持ちに♯320が無かったので
♯400で作業をする。
しかしなかなか削れない。
仕方ないので♯240で作業を行う。
面が出たら♯600でさらに仕上げる。
しかしパテの盛りが足りなかったようで
再度パテを埋める。
で240、600と作業を行い
ここでお昼。

昼飯を食べた後は
マスキングをしてプラサフを塗る。
プラサフを塗るとまだ傷が残っている箇所が一目瞭然となるので
またまたパテ盛り。
で固まったらまた磨き。
やっと傷が埋まりプラサフで下地を完了。
そして今度は♯1000で
ベースとの継ぎ目が分からなくなるまで磨く。
その後は液体コンパウンドで仕上げ。

ここまで終了してやっと色の塗装に入る。
念入りに塗装用のマスキングをして
塗装開始。
ちなみに今の車の塗装色は既製品のスプレーではなく
前回はエアータッチというタッチアップをスプレーにするヤツで
塗装を行った。
しかし今回は結構塗装面積が広く
エアータッチの場合金額がかさんでしまいそうだ。
悩んでいるとメーカーの塗装色に合わせて調合してくれる
システムがソフト99であるらしく
それで調合してもらう事にした。
とはいっても車の塗装はロットや紫外線による退色等で
本来は車そのものに合わせないと色は合わない。
ただし塗装部分がバンパーのサイドなので
ボディー側とのつなぎ目や回り込みで
色の違いはかなり誤魔化せるだろう。

塗装は薄く何度にも分けて行うのがコツなのだが
薄くなかなか色が合わないとどうしても先を急いでしまう。
まあギリギリくらいまで濃い目に塗装をしていくと
かなり良い感じになってきた。
私の車はメタリックのため仕上げにクリアが必要である。
そしてクリアを塗装すると
まあ元とはちょっと違うが遠目からみれば
分からないかな?というところまで完了。
ただしまだ艶が出ておらず
この後1週間ほどおいて塗装が完全に乾いてから
コンパウンドで仕上げを行うのだ。
とりあえず今は7割程度完了といったところか?

しかし近所のママさん達からすれば
完璧なようで家の前を通る毎に驚かれる。
基本的に貧乏性かつモノを作るのは好きなので
ウッドデッキを作ったり
バイクをバラしていたりするので
何でできてしまうように思われているようだ。
(昔近所の子供に大工なのか?と聞かれた事があった)

結局1日作業だったがまずはひと段落という事で
次はキャンプの準備をせねば・・・・

ちなみに今回の作業を板金屋に出すと
3~5万くらいなのだろうか?
しかし実は国産車のバンパーって結構安く
しかも塗装済みなので
場合によってはバンパーだけ買って
自分で付け替えた方が良いかもしれない。
(以前後から追突されて修理したら
 部品としてのバンパーがあまりに安く驚いた事がある。
 確か1万円台で2万円しなかった記憶がある)
スポンサーサイト


コメント

  1. wakeariworker | URL | -

    こんばんは^^
    職人さんみたいですね^^;
    以前鈑金関連のソフトを触ったことがあるのですが、用語が全然分からなかったことを思い出しましたw
    私が車を傷つけた際はぜひ色々教えてくださいね♪

  2. locamoka | URL | -

    板金関連のソフトってあるんですね?
    何をやるんでしょうか?
    色あわせを数値的に出したりするのかな?

    今回はバンパーという樹脂部分だったのと
    ブロック的な部分だったので試しにやってみました。
    ドアパネルだったら素直に板金に出します。
    絶対的に無理なので

    でもやっぱりぶつけないのが一番です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://restraman.blog22.fc2.com/tb.php/150-f15ab5a1
この記事へのトラックバック