手で考える。

2009年08月20日 23:30

今勉強中でノートをつけている。

仕事の時はほとんどPC上で完結してしまうため
手書きで文字を書く機会が激減していた。
特に気にしていなかったのだが
数年前異動になって手書きの書類を書く事が多くなると
あまりにも文字が下手になっていて驚いた。
しかもちょっとした文章を書くだけで疲れてしまう。

他の理由もあり
なるべくノートに書くようにしてみた。
するとだんだん文字がきれいになってきた。
また考えもスムーズにまとまるような気が・・・

赤ちゃんに手をニギニギさせるのは
手を動かすことにより脳に刺激が行き脳の発育を促すためとも
聞いたこともある。

書くという行為は
考えを表現するという表面的な事ではなく
考えながら書き
書いたものからさらに考えていくという
すばらしい作業なのだ。

キーボードやマウスではそこまで
脳にフィードバックはされないのだ。

ものづくりをする人たちは
たいがいこの
「手で考える」
というような事を言う。

私はすっかり忘れてしまっていたが
(PCは適当にやるには楽だからね)
そんな事もあり
ここ数年できるだけ手で書くようにしている。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://restraman.blog22.fc2.com/tb.php/145-fc5c58cb
    この記事へのトラックバック