資格・・・

2014年11月04日 00:54

前職に在籍している間に受けていた
ある国家資格に合格していた。

3か月以内に申請しないと無効とのことなので
申請していた資格証が届いた・・・

が、今の仕事とはまったく無関係
というか一生使わないかもしれない資格。

でも何が起こるかわからない世の中。
10年後くらいには役に立ったりして。

スポンサーサイト

派遣。

2014年11月05日 02:18

今の会社は派遣の比率が高い。
そして優秀な人もたくさん・・・

そんな派遣の人たちへ
いつの間にか締日に派遣会社へ提出する書類への
サインをするようになっている自分。

失業時代
職を探しながら
派遣会社にも登録していた。
転職サイトも含め
当時登録していたところは
そのままになっているのだが
先日ある派遣会社から
仕事の紹介のメールが届いた。
その就業場所は自宅から結構遠い。
(派遣は交通費がないため遠いと実収入が減ってしまう)
そんな場所を紹介する派遣会社は何を考えているのだ?
と見てみると何だか見覚えのある住所のような・・・
!!!
何と!今の会社と同じ住所だった。
そういえば同じビルに派遣会社が入っていたような。
そんな偶然もあるんだな・・・

数年前だったら
派遣としてこの会社で働いていてもおかしくなかったのだ。
と、考えると私なんかがサインをしていても良いのだろうか?とも考えてしまう。
彼、彼女らが気持ち良く働いていける環境をつくっていかなければ。

25年。

2014年11月10日 00:54

今日はベルリンの壁が崩壊して25年だったらしい。

ついこの間の出来事だったような気がするのは
歳をとったせいだろうか?

子供の頃はドイツ=西ドイツであり
”ソ連は昔ロシアという国だったのだ”
と歴史で習っていたのが
今、自分の子供たちは
”ロシアは昔ソ連という国だったのだ・・・”
と習っているのは皮肉なのだろうか?

ついこの間のような気がする25年前とはいえ
実際の25年前はまだ学生だった。
世の中はバブルでイケイケ!ドンドン!
今のような不景気になるなんて想像することもできなかったし
デフレなんて教科書の中の出来事だと思っていた。

さらに遡って
自分が生まれる25年前は?というと・・・
何と戦時中!
子供の頃は戦争ってとてつもない昔の話だと思っていたが
たった25年前だったのだ。

時は流れる。
時代は変わる。
今日の常識は明日の非常識になっても不思議ではないのだ。
そんな貴重な時間
小さなことでクヨクヨ悩んでいる暇はない。
25年後
私は笑っていられるのだろうか?