あけましておめでとうございます。

2014年01月06日 22:50

もう6日もたってしまいましたが・・・

昔は年末、正月というと
おめでたい気持ちでいっぱいだったのですが
長期の失業を経験してからは
無職で年を越さなければならなかった怖さが甦ってきてしまい
なんとも言えない複雑な気持ちで新年を迎えています。

巷では暦の関係で9連休の会社が多かったようですが
私の職場は4日間のみ。
私は土日をくっつけて無理やり6日休みにしましたが
課内の人は皆土曜に出勤したようです。

そして身内にも
大晦日、正月、2日・・・
と休みなく働かなければならない者がいました。

元日
特に要があったわけではないのだが
実家から散歩の途中で寄った100円ショップ。
元日なのに
店は開いており
元日なのに
レジで働くパートの女性。
こんな日に店に寄っているような自分が悪いのか・・・

めでたいような
めでたくないような
うれしいような
うれしくないような・・・

辛かった・・・
苦しかった・・・
先が真っ暗だった・・・
明日はこないような気がしていた
自分の周りは別の世界のようだった
自分だけ置いて行かれるような気がしていた。

そんな正月だった。
あれから2年たったけど
自分は何か変わったのだろうか・・・


スポンサーサイト

MNP

2014年01月13日 14:47

先日家の携帯3台をMNPでソフトバンクからauに変更した。

これにより
iPhone1台とガラケー2台の毎月の支払が
約6000円から約4000円と削減される。(2年間)

iPhoneで契約していた電話番号は
j-phone時代からのものなので
それなりに長い契約だったと思う。

日本のキャリアは長く契約するより
他社から移行する方が条件が良くなるという
”釣った魚にはエサをやらない”
方針なので
消費者としては当然ながら
お得?な方を選択させていただきます。

そしてまた2年後は違うキャリアへ・・・


なんて他愛もない記事を書いていたが
ここ数日プライベートで
大きなダメージを受ける事案が複数発生。
ブログには書けないけど
かなり落ち込んでいます・・・


月5,000円・・・

2014年01月19日 00:52

あと2ケ月ちょっとで
消費税が8%になる。

将来のためにきちんと使用してもらえるのであれば
仕方ないと思う。
しかし結局増税分は
すべてワケの分からない赤字の穴埋めで消えてしまうのだろう。

ファイナンシャルプランナーである(笑) 私は
家計簿ではないがここ数年一応支出の記録だけつけている。
超安月給なのでチェックしていないと銀行の残高が不足してしまうのだ。
記録ではあきらかに給料の手取りの金額より支出の方が多い。
多分児童手当でどうにか赤字を逃れているようだ。
(あまりシビアな帳簿ではないので完全に把握はしていない)

で昨年1年間の支出が確定したので
ついでに消費税が増税した場合
どのくらい税金がアップするのか
ざっくり算出してみた。

結果年間約65,000円
月約5,400円
増税となるようだ。
ちなみに10%になった場合
年間約110,000円
月約9000円!!

間違いなく給料が上がらないので
今年は月5000円
来年は1万円近く節約しなけらばならない事が確定。

とりあえず携帯の基本料が2000円下がるので
あと3000円か・・・
煙草吸わないし
酒も買うのを止めたし
缶飲料も買わないし
弁当持参だし
新聞も止めてるし
小遣いもほぼゼロ。

やっぱりアルバイトかな
そういえば先日チマチマやっていた
アンケートサイトでやっと500円分稼いだのだった。
う~む効率悪い。


人生色々・・・なのか?

2014年01月21日 21:57

先日書いていたダメージ。
ちなみに仕事の事ではない。

ひとつは杞憂で終わった。

が、もうひとつは根が深かった。

どうにかリストラから立ち直り
ブログには書いていないが
おめでたい出来事があったり
後はこれから・・・・のはずだったのだが
人生とはこんなにも辛いものなのか・・・

とりあえず前に進むしかないが
これからどうなるのだろう?
涙が止まらない・・・


未来は現在の延長ではない。

2014年01月30日 22:42

161億円の男となった
マー君こと楽天の田中将大。

今となっては比ぶべくもないが
高校時代は”ハンカチ世代”などと
世間では呼ばれていた・・・

小学校時代はピッチャーではなく
キャッチャーだったという。
バッテリーを組んでいたのは
現巨人の坂本。

当時のチームの監督は
天才肌の坂本は当然プロでやっていけるだろうと
思っていたそうだが
田中はプロでやるにはかなり厳しいだろうと感じていたという。

昨年末、ACミランへの移籍が発表され
1月16日にセリエAで初得点を決めた本田圭佑

彼もまた中学時代
ガンバ大阪のジュニアユースからユースチームへの昇格が叶わなかった。
そしてやはり同年代、同チームには”天才”家長昭博がいた。

インテルの長友も大学までは無名だったし
イチローもプロ3年目の”イチロー”になるまでの
鈴木一朗時代は1軍に定着させてもらえなかったのだ。

今が絶好調で何をしてもうまくいっているとしても
1年後、5年後、10年後も同じようにうまくいくとはかぎらない。

今がどんなに辛く苦しくそれが地獄だったとしても
未来は今の地獄の先に続いている地獄の果てなのではない。

道は続いている
しかしアスファルトの先が同じくアスファルトとは限らない。
ぬかるみの先がいつまでもぬかるみであるとは限らない。

そう信じ
今日を生きるのだ。
未来は自分の信じる先にあるのだ。

って思っても良いよね・・・・