スケジュール

2013年09月03日 23:55

仕事でとあるプロジェクトが進行している。

実はこのプロジェクト
1年前には完了しているはず・・・だった。
遅れた原因はのんびり屋の創業家の方たち。

そして
やっとこのプロジェクトが進むことになったのだが
本来私は部外者の立場。
とはいえ得意分野ではあったので
参考程度にアドバイスを行っていた。

が、いつの間にかガッツリ組み込まれ
業者との打ち合わせもメインになっていた。
(でも部外者であることには変わりはないのだが)

途中から参加しているので
全体がわからない
で、いろいろ確認していくと・・・
これって間に合うの?

驚くことに大まかなスケジュールすら誰も把握していない。
当時の進捗具合と今後の日程を勘案し
X月XX日に完了で良いかと創業家の方に確認すると
それじゃ遅すぎる! X月X日頃までに完了したい。
・・・ってアンタそれ無理でしょ。
と、言ってもどうせ理解できないので
急いで大まかなスケジュールを作成し
各業者に確認、調整。
超アバウトだった業者もやっとスケジュールを提出し
やはりX日には完了できないという。
結局何の根拠もなくX月X日と言ってた
創業家の方を説得し
当初提案のX月XX日完了ということになった。

この人たち
他人は何十分も平気で待たせるが
自分は1分でも待たされるのが大嫌い。
前からわかりきっている事も
当日になっていきなり言い出す。
・・・まだ3ケ月もあるんでしょ!?
・・・もう12週しか無いんです!!
朝は遅いし
身内で雑談多いし、長いし
気がつくと出かけちゃっていないし・・・

なんか違う時間で動いているらしい。
そういえば新入社員の頃は
”時間泥棒”にはなるなと言われていたな。


スポンサーサイト

存在価値。

2013年09月25日 23:54

相変わらずズレている?経営陣。

・・・が
この会社は彼らのもの。
冷静に考えれば
何があっても必要な創業家の人たち。

一方、自分はといえば
直接的に稼いでいる人材でもないし
とりあえずは便利かもしれないが
いくらでも替えはいるわけだし
何があっても必要な人間・・・ではないのだ。

まあサラリーマンなんてのはそんなもの。
彼らの会社で給料をもらう限りは
優秀でもなく
2年以上も職を探していたような人間は
クビにならないように頑張るしかない。
あの悪夢はまっぴらだ。

しかし・・・
何で今?(今日まで時間はたくさんありませんでしたっけ?)
そのはした金をケチって結局は?(安物買いのという諺があります・・・)
それを決めたのは誰?(何で私に聞くのでしょうか?)
え?前回そう言ってましったっけ?(私って最近物忘れがひどいのかな?)
あれ?この間の件は?(社運をかけるとか・・・)
結局パパが一番強いのね・・・(2番目はお兄ちゃんですね)
毎朝皆さんお待ちかねです(出社時間から1時間経過・・・)
え?今日出かけるんですか?(昨日いらしゃいましたよね?)
え?今日直行だったんですか?(昨日・・・)
あ~直帰ですか?(会社から駅よりご自宅は近いですが・・・)
・・・・

何でもこい!!