もう2年?まだ4年?

2013年06月08日 03:46

毎日暑いままの梅雨入り。

そういえば2年前の今頃は
今の職場の面接を受けていたのだ。
そして面接が終わると
相変わらず先の見えない暗闇のまま
郵便配達のバイトの毎日だった。
もう2年・・・なのだろうか?
私にはつい昨日の事のようだ。

リヤカーを引きながら歩いて地球一周に挑戦していた
鳥取市出身の吉田さんという方が
9日にも上海でゴールするという。
出発は2009年の元日。
4年半もの長い間の道中には様々な苦難や出会いがあったという。
2009年といえば私が前職を退職した=ブログを始めた年である。
4年か・・・やはり私にはついこの間の事だなぁ。

長くもあり、短くもある4年という歳月。
しかし一歩、一歩確実に前進していければ
実は地球を1周できてしまうほどの年月だったのだ。

吉田さんはカナダのトロントで
東日本大震災が起きたことを知り
テレビで被害の大きさに絶句し
「こんなことをしていて良いのだろうか?」
と迷いながら歩いていたという。
しかし福島の友人からの
「吉田みたいに一歩ずつだな。なんか救われたわ。」
というメールで
自分を励みにしてくれる人がいることに
胸が熱くなったという。

そう大事なのは一歩ずつでも確実に前!に進むこと。
歩いてもたった!?4年で地球が1周できてしまうのだ。

この4年、私は何ができたのだろうか?
否、過ぎてしまった4年などどうでも良い。
これからの4年を私にとっての地球1周を目指して
一歩ずつ歩いてゆかねば!


スポンサーサイト

でたらめ、適当、無責任。

2013年06月12日 01:12

今の職場は正直に言ってヌルい。

別に自分が真面目なわけではないが
望まない形で希望退職させられた過去を持つ自分にとって
仕事が楽で良いというより
腹の立つ状況があまりに多く
とても複雑な気持ちなのである。

でたらめで
いいかげんで
適当で
無責任・・・
がまかり通る信じられない環境。

そんな連中が
それなりの待遇で
それなりの職位で
偉そうにしているのだ。

しかしそんな連中より
一番の問題であり
結局すべての元凶なのが経営者たち。

規制業界で
2代目なんていうのは
そんなものなのだろうか?

失業中でお祈りの毎日の人たちへ

世の中は公平ではない。
だから人と同じステージで戦ってはいけないのだ。
お祈りはあなたの存在否定ではない。
ただ自分のステージではなかっただけ。
しかし待っていても
それは見つからないし、
向こうからやってはこない。
自分で探して見つけるしかないのだ。

なんだかなぁ・・・

2013年06月13日 23:34

毎度、毎度あきれてしまう2代目たち・・・

ブログには詳細は書けないが
嫌な事、リスクからは逃げて人に丸投げし、まるで他人事。
そのくせ大事なことは自分たちで秘密に進めてしまう。
そしてその自分たちで決めた秘密は欠陥だらけ。
最終的には何も知らなかった者たちが欠陥の後処理を
・・・って
会社ごっこはいつまで続くのやら。
(実は自分で始めた会社は軒並み潰しているらしい)

そしてそんな環境に
また新たな血が・・・

まあ所詮彼らの会社という事なのだ。



耐えられなかった・・・?

2013年06月20日 01:51

間もなく再就職して2年になるが
転職サイトは登録したままにしてある。

送られてくる求人は
就活をしていた2年前と
ほとんど変わっていなかったりするのだが
いつもの常連さんではなく、久しぶりに見かけた会社名があった。

”弊社社長の圧力に耐えられないだろう”
と断られた会社だった。

求人の職種は”人事”
あの時面接した人事の後任?
結局彼も耐えられなかったのだろうか?

”人事”とは別に私が応募した職種も同時に募集を行っていた。
もし私が入社していたら今頃また就活をしているのだろうか?

当時は断られた理由に納得できなかったが
結果的にはとても良心的な対応をしていてくれたのかもしれない。


昇給。

2013年06月24日 23:59

昇給した・・・らしい。

額は僅かなものの
もちろん嬉しい。

・・・が
手放しで喜べないのが
昨年は何も検討されていなかった事実。

入社時に生活に必要な最低額を希望したものの
”今、希望額には沿えないが入社後に検討する”
という話だったのが1年経過しても全く何も変わらなかった。
交通費が支給されないのも含め
あまりに厳しかったので確認したところ
その理由はとても納得しがたいものだった。
(たぶん何も考えていなかったと思われる)
とはいえせめて交通費分はどうにかしてもらえないと
いつまでも持ち出しになってしまうため
直談判でお願いし、少しだけ支給してもらえる事になった。

というのが昨年の話だったので
今年はどうせ昇給しないだろうと考えていたところの
想定外の昇給だったので正直嬉しかった。

ただ少し気になる事があり
もしそれが今回の理由の昇給だとすると
実はこの額ではとてもではないが足りない。
その時はきちんと手当をつけてくれるのだろうか?

そして
めでたく昇給となったものの
実は手取り額は減っていた!
犯人は”住民税!!”
昨年は住民税がほとんどかかっていなかったのだが
(就職した年の一昨年は収入が少なかったため)
今年からまともに住民税がかかるようになった。
そしてその額は昇給額の2倍以上!!

結局2年たっても
必要最低限の収入は得られず
今月も赤字なのでした。

バイト探すかな・・・

でもやっぱり嬉しい。


世の中は不平等である。だからこそ・・・

2013年06月26日 01:33

”XXくんはもっと上がってもいいのにね・・・”

上司が今日一言ボソっと呟いた。

ほんの僅かな昇給で喜んでいた自分であったが
実は多くの社員が”昇格”をしていた。
呟いた上司も”昇格”をしており
そして昇給額は私の4倍以上・・・
とはいえ彼は会社の重要な案件にはすべてかかわっており
当然というか遅すぎるくらいなのだが
創業家以外の最高の職位にもかかわらず
その昇給した年収でも私の前職より遙かに少ない額なのだ。
つまりこの会社に社員としているかぎりは
その程度しかもらえないという事だろう。

また私は昇給させてもらったものの
私の隣の女性は昇給なしだったらしい。
目立たないものの実は彼女もかなり会社に貢献しているのだが
経営陣はまったく認識できていない。

査定の結果・・・
という事であるが
先日経営陣とは離れた場所で働いている女性が
大幅な昇給をしていた。
社長たちは彼女とはほとんど一緒に仕事をしておらず
聞こえてくる話は問題ばかりなのだが
何故かそのような事になっていた。
ちなみに彼女の上司はさらに問題人物というか
問題の張本人だったのだが
その賞与は7ケタを超えるらしい。

まあ結局人による評価などそんなものなのだ。
公平、公正な評価など存在しない。
”真面目にやっていればいつかは・・・”
などという事はない。
イメージなのだ。

評価なんてその程度のもの。
面接でお祈りされても
あまり気にしすぎる必要はないのだ。

不平等だからこそ
人の評価などに頼らず
自分を信じて
自分の力で
自分の身は自分で守らなければならないのだ。


事情

2013年06月28日 00:36

ちょっと寝違えてしまい
首を痛めてしまった。

時間が経てば治るのでほっておいたのだが
日に日に痛さが増していく・・・

役員に
”病院に行ったほうがいいぞ”
と言われたが
時間が経てば治るものに
コストをかける余裕は我が家にはないんですよ。

せめて貴方の5分の1でも給料があれば・・・

なんて言う訳ないし。

365×2=?

2013年06月30日 23:00

いよいよ明日で再就職して2年。
失業期間の2年は長かったが
就職してからの2年は早かった・・・

失業してから4年
自分は何か変わったのだろうか?
無駄な4年なのか?
4年の間子供たちは確実に成長している。
私も負けずに成長していきたい。