アバター

2010年02月01日 23:51

今日は1日なので映画が1000円。

毎日が日曜日なので
毎月1日に見にいけそうなものだが
1月は元旦だし11月は日曜だったりで
結局9月25日以来の映画を見に行った。

しかし今日の天気予報は曇りのち雨のち雪!!
少し悩んだが今日を逃せばまた来月になってしまうし
ある理由もあってやはり出かける事に。

今日見た映画はタイトルの通り”アバター”である。
タイタニックを抜いたとか
あまりにリアルで美しいため見た人が現実逃避してしまう等
巷で話題の映画。
私が見に行った理由はもちろん
”現実逃避”がしたいから。

夕方からの上映だったが昼前にチケットを購入したため
通路前の超良い席をGET!!
上映時間までは再就職支援会社で時間つぶし。
いつもは飲み物を買って映画館へ行くのだが
最近どうもトイレが近く
前回も飲み物を持ち込んだものは良いものの
途中でトイレに行きたくなってしまい
最後は苦しみながら映画を見た事を思い出し
今回は飲み物は持ち込まないようにした。

映画は噂に違わず素晴らしく本当に楽しめた。
まあ日本人であれば
「あれ?どこかで見たような・・・」
というシーンや設定が多々あるのは間違いないが
目の前にある物を批判するのは簡単であり
元ネタがあろうと実際に作り上げるのは大変なのだ。

このような映画を見ていると
ついついストーリーより作り手側から見てしまう。
どうのようにこれをデザインしたのだろう?とか
どうしたらこのアイデアが出るのだろう・・・とか。
これのネタ元はあれだろうな?とか
・・・いいな~ 自分もクリエイティブな仕事がしたいな・・・

ただひとつだけ気になったが
西洋映画というか白人の相変わらずの
先住民ナヴィ族の「土人or未開人」のステレオタイプのイメージ。
ケチャ踊ってるし・・・
まあ白人の観客にはわかりやすいんだろうな。
これだけはちょっと興醒め。

とはいえ映画自体は面白く
3時間近い上映時間もあっという間だった。
(やはり飲み物を持ち込まなくて正解だった)
3Dの料金300円が余計にかかっているのだが
この映画は是非映画館で3Dを見た方が良いと思う。
でも1800+300=2100円だと今は払えないな・・・

映画館へ入った時は雨だったが
出る時は雪!!
そして映画の余韻に浸ったまま
雪の中自転車で帰宅したのでした。





スポンサーサイト

雪なので

2010年02月02日 23:01

0202_IMG_0682.jpg


今朝めざましテレビで”アバター”が話題になっていた。
なんでも土日だと完売の時もあるとか。
さすが”タイタニック”を抜いただけはある。
しかしキャメロン監督、歴代1、2位って凄すぎない?

昨夜は雪だったので今日は早起き!!
42歳でも心はガキんちょなのだ。

完全防水のウインターシューズを履いて
足元は完全装備。
スーツのパンツは昨日濡れてしまったので
ジーパンでいいや。
セーターを着込み、濡れても大丈夫なジャケットを羽織って
いざ出発!!

まずは近所をぐるっと自転車で。
一面雪の世界は新鮮で楽しい。
もちろんカメラは必需品。

その後、電車に乗って少し足を伸ばして某国営公園へ。
開園前にもかかわらず数人が入り口で待っていた。
開園と同時に入園。
誰もいない中シャッターを切る。
のんびり写真を撮りながら歩いていると
つぎつぎにカメラを抱えたジジババがやってくる。
皆考える事は同じ・・・

フォトジェニックな雪景色は何を撮っても様になる。
のんびりしながら適当にシャッターを切って園内をお散歩。
出かける時にカメラにSDカードが入っていなかったので
適当にそこら辺にあったカードを入れて出たのだが
1GBだったらしくあっという間にメモリー満杯。
せめて2GBを入れてくれば・・・
まあ撮影が目的というより
雪景色を楽しむためにカメラを持ってお散歩なので
まあいいか。

しかしジジババ達は元気である。
こんな元気なのに隠居しちゃっていいよな。
持ってる機材は高価だし・・・
俺もあんな風に年金で好きな事やって暮らしたいぞ。
結局現在の日本は団塊世代の逃げ切り勝ち。
就職して終身雇用の年功序列で定年まで働き
退職金をたっぷりもらって
家のローンも子供の教育費も終わって
潤沢な退職金と年金で生活できるのだ。
自分が同じ歳になった時は年金ももらえず
どんな生活をしているのだろうか?

気分転換のつもりで出かけた雪道の散歩だったが
不安がある状態ではやはり集中できず
気分はどんより曇空。

午後には再就職支援会社へ行き
また当てのない再シューカツに勤しんだのであった。
とりあえずWEBから2社応募したが
ひとつは年齢で切られるだろうな・・・

ジャパンアズ・・・

2010年02月03日 23:59

今日は節分。
最近なんだか”恵方巻き”がブーム?
ついこの間まで耳にしなかったのに
商売の匂いがプンプンする。
デパ地下では毎年売り上げがうなぎ上りとか。
まあ景気悪いし
わかり易いし安いので流行るにはグットタイミングなのだろう。

さて今日はどうするべ?と悩んだが
再就職支援会社行っても結局時間を潰すだけなので
バイクで出かける。
やはり先日の充電が効いているようで
今日もセル一発。
まだまだバッテリー交換はしなくていいかな?

とは言っても昨日雪が降ったばかりなので
当然行き先は実家です。

職探しは自宅で一通り終わっているので
昨日借りたDVDを見る。
気分が落ち込んでいるこんな時はやはりアクションやSF系がいいな~
と思いちょうど2月で切れる無料レンタル券があり
せっかくなので新作で置いてあった”G.Iジョー”を借りた。
 しかしこの映画あまり記憶が無いのだが
 新作って事はロードショーやったんだよな?
 そしてパッケージを見るとイ・ビョンホンが出てるようなのだが
 何故か忍者の格好をしている?

とは思ったのだが新作だしアクションみたいだしまあいいか・・・という感じで借りてみた。

内容はアクション満載で面白かったのだが
やはり上記の不安は的中しイ・ビョンホンの役は
日本で忍者の修行をした韓国人という意味不明の設定。
”スピード・レーサー”と同じ???という設定であった。
でネットを見てみると案の定いろいろ騒がれているようで・・・

ただ彼がどうのこうのという事より
一番の問題はこの役ができる日本人の役者がいないのだろうという事。
上記意味不明の設定を抜きにすれば
イ・ビョンホンのアクションやその存在感は凄かったと思う。
これはスピードレーサーでも同じこと。

映画の世界だけではなく
どんどん世界での存在感が薄くなってきている日本。
先日アメリカで開催された世界最大の家電の見本市「CES」では
韓国、中国のメーカーに比べて日本メーカーのブースはかなり存在感が薄かったという。
海外では今や液晶テレビといえば韓国メーカーになっているらしい。
しかも値段ではなく内容で選ばれるのだ。
値段で選ぶ場合は中国メーカー・・・。
そういえば昨年のモーターショーも東京より上海。
メイドインジャパン、ジャパンマネーの威光はいずこへ。
そのうち日本という国は忘れ去られたものとなってしまうのであろうか?
あるいは既に・・・






パワースポット

2010年02月04日 22:42

結局昨日は恵方巻を食べなかった。
藁をもすがる現在、本当は食わないといかんよな・・・

しかし相変わらず職探しをしても
まともな職が見つからない。
どうすればいいんだ?
とりあえず先日応募していた
人材紹介会社での面談をメールで予約。
交通費が馬鹿にならないので
再就職支援会社への面談日と同じ日にしておいた。
(当日は都区内フリーきっぷ購入予定のため)

自宅での職探しは30分程度で終了。
ヤフオクの発送やクリーニングがあったので
今日は車で外出することに。
しかしヤフオク発送品のひとつは
落札金額より送料の方が高い!
まあ出品者の私には関係ないが
自分だったら落札しないな。

2日連続で実家へ行くのも何なので
とりあえずアウトドアショップへ。
特に買うものはないのだが
見てるだけでも・・・といいつつ欲しくなってしまったり。
かといっていつ行くのだという問題も。
というか家のキャンプ道具をもう少し売らないと・・・
最近ヤフオクの売上げが少ないし。

その後ヤマダ電機へ行くと
”ロックエスコルピオ”(ベイブレード)を発見。
上の子が欲しがっていたので即GET。

久しぶりに車で走っていると
冬なのでバイクより快適。
そういえば昔は車で通勤してたんだよな~
会社の近くに駐車場を借りて。って今では考えられないけど・・・
てな事を思い出しながら通勤の時に良く聞いていた
FMの”ナック5”を聞いていると
番組で”パワースポット”の事が取り上げられていた。

最近良く耳にするパワースポット
ロンブー敦と安室が旅行に行ったところは
それで有名なところらしい。

早速家に帰ってネットで調べると
東京だと深川不動尊か。家からだとちょっと遠いかな?
そして皇居もそうらしい。
来週面談に行く時に行ってみるかな?
でも富士山も書いてあるが
去年の夏は毎週のようにバイクで出かけてたんだけどな・・・
厄除けも行ったのに
まだまだパワーが足りないという事か。
ならば今度は成田山にでも行ってきてやる!!

あ!でもそういえば恵方巻・・・










長期化

2010年02月05日 23:54

本当に失業が長期化するとダメですね。

モチベーションも上がらないし
年齢も増えるし
書類も通らないし・・・

でも失業当時って今より更に職が無かった。
辞めて2ヶ月間が勝負とは言うが
その2ヶ月間が日本経済が最悪の時だったのだ。

気がつけば間もなく10ヶ月。
10ヶ月間無職の42歳のおっさんが再就職できるのか?
求人の条件で”現在フリーはNG”などという案件も。
私は仕方ないにせよ
1~2ヶ月程度は大目に見れないのかね?

あっという間にまた今週も終わってしまった。
相変わらず何も進展はない。
先が見えないというのは不安というより恐怖なのだ。
日に日にこの恐怖に飲み込まれていく自分がいる。
しかしこのままでは恐怖に打ち勝つ自信がない。

先週末風邪をひいてしまったり雪が降ったりして
中断していたジョギングを昨日1週間ぶりに復活した。
さすがに最初はちょっと辛かったが
走っていくうちに気分がよくなる。
こんな精神状態の時はやはり体を動かした方が良いようだ。
走っている最中はモヤモヤ感がとれて
純粋に体を動かしている喜びが全身を包み込む。
また明日も頑張らねば。



時間あるし・・・

2010年02月06日 23:58

すでに失業してから間もなく10ヶ月!!

この間何をしていたのかというと
結局何もしていないような・・・

今日カミさんから
今年は社労士試験受けないのか?と聞かれた。
少しは昨年勉強したので
確かに受けたいのはやまやまだが
試験は8月。
試験に本腰を入れてしまうとシューカツがなおざりになってしまいそうだし
言い訳にもなってしまいそうだったので
退路を断ってシューカツ一本に集中するつもりであった。
そういえば再就職支援会社のコンサルにも聞かれていた。
コンサルはようするに無職中の活動としてのアリバイのようなものだが・・・

失業した当初
せっかくなのでこの際英語を勉強し直そうと思っていた。
しかし途中で社労士に変更。
社労士一本で勉強していたが撃沈。
そして気がつくとすでに10ヶ月。
この間真面目に英語を勉強していれば
TOEIC等のスコアを少しはアップできたのだろうか?
ちなみにTOEICは受けた事がない。

無駄になった10ヶ月。
今からでもやるべきだろうか・・・





あっという間の1年

2010年02月07日 23:40

ちょうど昨年の今頃くらいに
希望退職の発表があり
人事部長に個室に呼び出されたのであります。

その後は真っ暗になって
しばらくは何も手がつかない状態。
子供の幼稚園のイベントに行っても
これから先の事を考えると想像もつかなく
恐怖で心臓がバクバクしてきて子供が見ていられない。
休日は怖くて、心苦しくて、悲しくて、淋しくて、辛くて・・・・

そして組合はまったく無力で何もせずまるでひとごと。
そのうちあっちこっちが陥落して
自分も残った場合のリスクを考え
あきらめて希望退職する事に。

早くもあれからもう1年。
まだ春は来ない・・・



時の経つのは・・・

2010年02月08日 22:59

今日から少しだけ勉強をしはじめてみる。

勉強用にノートを探すと
その中の1冊は1ページ目だけ書かれていた。

2月23日XX社応募
・・・・

昨年まだ希望退職に合意はしていなかった頃
とりあえず転職のアクションだけは起こしていたのだ。
ちなみにここは元会社と同じ駅だったりするのだが・・・
書類が通過して”よっしゃ~!!”と意気込んでいたのだが
応募者が多かったらしく二次選考の小論文で落ちてしまった。
その後も応募の際に小論文の提出があったりする会社が多かったため
文章作成の練習も兼ねてブログをはじめたのであった。

ついこの間のような気がしてしまうが
本当にもう1年経っているのだ。
・・・・・

今まで何をやっていたのですか?

2010年02月09日 23:59

今日は再就職支援会社の面談なので
都内へ。
しかし進展があったわけでもなく
新しい案件があったわけでもなく
世間話で終了。
”人脈で何かありませんか?”
と聞かれたが業務での人脈って結局業者になってしまうし
元上司は定年だし・・・
こんなに期間が空いてしまうと今更話してもタイミングが遅すぎる。

再就職支援会社での面談の後
転職エージェントへ登録へ。
先日エントリーした求人への応募のため
登録が必要なのだが交通費も節約のため本日にしてあったのだ。

再就職支援会社で地図をプリントしようと思っていたら
一部PCがネットに繋がらず、プリントもできない状態で
結局時間がなくなって地図を出力せずに出発。
だいたい頭に入れていたのだが改札が違っていたらしく
1本道を間違えてしまい遠回りをして10分ほど遅刻してしまった。
予約時には1時間で間に合うと思っていたのだが
やはり本番では時間に余裕をみないといけないな。

そして担当との面談で言われたのが
”今まで何をやっていたのですか?”
というセリフである。

今までヤバイなと思ってはいたが
実際に面接があったわけではないので
面と向かっていわれるとショックである。

8月末までは社労士の勉強をしていた等で
誤魔化してみたが・・・

また希望退職について
”残る選択もあったのですよね?”との問いには
リストラされたというのはあまり印象が良くないと思い
”はい”と答えたが
”景気も悪いと分かっていて何故辞めたのですか?”
と引き続き問い詰める。
”業績が悪かった””割増退職金もあり先を考えての行動である”
との説明でも納得しない。

彼の言いたい事はこういう事だ。
辞めない選択があったのにもかかわらず
景気が悪いとは言え結局1年もブランクができるような状況になっている。
そのような先が読めていない選択をするのは如何なものか?と。
そしてリストラであり辞めざるを得なかったのでれば
それはそのように説明した方が良いと。
実際十数年間も一企業に属している人間が辞めるというのは
大変な事でありそれなりの理由が必要なのだと。
担当は人事の視点で面談しており
人事によってはそのようにきちんと説明しないと
印象が悪くなってしまうのだ。と

確かにそのとうりだと思う。
今までリストラ=マイナスイメージと考えていたが
場合によってはきちんと説明しなければいけないのだ。

しかし1年経ってしまったのも事実。
実際レジュメを見た担当者はあきれていた。
時間が過ぎればすぎるほど益々条件が悪くなっていく。
通常の転職とは違い、
これからはしなくても良かった苦労をしなけらばならなくなるのだろう。
本当に再就職できるのだろうか?
1年前の恐怖が再び襲ってきた。
先を思うと苦しくて、吐き気で気分が悪くなってくる。

すっかり落ち込み、ブラブラする気力もなくなり
今日は早めに帰宅。
もう自分はダメなのか・・・

拾う神あり?

2010年02月10日 23:21

昨日はションボリしたまま帰宅。
何だか足も痛くなっていたので
ジョギングもお休み。

本当にこれからどうしようかな?
と暗い暗いこれからの人生を想像してしまったり・・・

すると携帯に転送しているPCメールに
気になる件名のメールが

昨年期待できる案件でありながら
登録したまま放置されていた人材紹介会社からのメールだった。
ちょうど自分からもメールしようと考えていたのだが
なんだか良いタイミングにメールがくるものだ。
メールは案件の紹介で
内容的にはけっこう良い。
勤務地も都内だし。
すぐに返信メールを送信。
まだ拾ってくれる神様がいるのかな?

今朝人材紹介会社から電話があり
昨日の案件について確認。
ただこの案件はその会社ではなくて
協力会社の案件らしい。
という事は競争率は言わずもがななので
書類通過も難しいだろう。
ただ昨日よりはすこ~しだけ前を向けるのかな?

午後は昨日の転職エージェントで指摘された
レジュメの修正を行って送信。

いいかげん早く決着をつけなければ!!