年末

2009年12月01日 23:58

さ~ていよいよ年末になってしまいました。

昨年の今頃は上司に個室に呼ばれ
「現在の会社の状況が厳しく人員を削減する事になった・・・」
という話をされ
”リストラ”の四文字が頭をよぎったのだが
派遣社員と期間社員の契約を終了するという話だった。

しかし結局自分も数ヶ月後には同じ運命になるとは
この時は知る良しもない。
ただ後になって考えるとこの時上司が変な事を言っていたのを
覚えている。
その後のスケジュールを考えると既にこの時
正社員のリストラを実行する事は確定していたのは間違いないだろう。
上司は私がその対象にならないように画策していてくれていたのかもしれない。
あくまで憶測だが。

春にはじめたブログも
すでに季節は冬。
世間は忘年会のシーズン・・・

スポンサーサイト

正社員の5人に1人、早期退職に応募

2009年12月02日 23:14

業績不振の三越が募集していた早期退職支援制度に
1500人の応募があったそうだ。
正社員の2割にあたる人数との事。
私が退職した会社も当初希望退職者が2割の予定だったが
結局3割近く退社したらしいが・・・

しかし噂によると
三越は割増の退職金が最大2000万円とか。
そんなにもらえるならいいな・・・
今通っている再就職支援会社にも
外資系の元社員が多く
見ていると結構余裕がありそう。
やっぱり高額の退職金がもらえるのだろうか?
住宅ローンさえ返済できれば
結構気楽に働けるのだが。

と、まあ人のことを気にしていても仕方ないので
今日もお勉強の1日なのであった。

今朝再就職支援会社の担当から、携帯に電話があり
今日締め切りの案件を紹介してもらった。
応募条件には微妙なのだが、一応応募してもらった。
やはり今年の春よりは、少し案件が増えてきたような気がする。
しかし年が明けるとまた厳しくなりそうなので
できれば今年中になんとかならないかな?

頭のオーバーホール

2009年12月03日 23:02

今は筆記試験に向けてSPIの問題を解いている。
半年くらい前にも筆記試験のため勉強していて
その時はさっぱりだったのに
今回は意外とすんなり頭に入る

そういえば夏くらいから子供の勉強をみていて
その際の簡単な計算のくりかえし等が
結構効果があるのかもしれない。

仕事だとすぐに電卓を使用する癖がついてしまい
気がつくと簡単な計算すら頭で考えなくなっていたのだ。
そして手で書くことすら面倒になっていたのに気がつく。

使わなくなって錆付いていた頭を
久しぶりに動かして
オーバーホールしているような感じ?
とはいってもバラしているわけでもないが・・・

やっぱり
頭も体も動かしている方が気持ちがいいのだ。

いい天気・・・

2009年12月04日 22:55

今日は昨日とうって変わっていい天気・・・
のようだった。
部屋に引きこもって勉強していたので
窓から見る空しかわからない。

切羽つまっているが集中できない。
そもそも今勉強しているSPIが出るかどうかも不明だ。
雑念がよぎりすぎて気ばかりあせる。
時間的には小論文も出そうなので
その対策も行わねば・・・

撃沈

2009年12月05日 23:28

本日筆記試験を受けてきました。

試験内容はまあ想定内ではありましたが
実力が足りません・・・

SPIは時間切れ
英語はまったくNG
小論文は予想できる内容だったのに
準備不足で支離滅裂な内容。

会場は若い人が多いようで
多分私は最年長では?
前の席の人は36歳、後ろは27歳・・・
隣の席の女性は解答が早く余裕?

600人応募して100人程度が試験を受けているようだったので
まあ書類が通過しただけでも、良かったという事かな?

帰ってきてからは疲れてさきほどまで寝ていました。

さて明日は休んでまた
月曜からお仕事探し・・・

クリスマス

2009年12月06日 21:10

今日は下の子の幼稚園のクリスマスイベントでした。

上の子から6年間お世話になった幼稚園ですが
もう間もなく卒園です。
淋しいな・・・

家に帰ってからバイクのセッティングを冬用に直して
(とはいってもエアクリーナーボックスの吸入口に
 ビニールテープを貼っただけだけど)
チェーンに給油し、エンジンを始動。
購入してから一度もバッテリーを交換していないので
1週間に1回程度エンジンをかけないと
すぐに上がってしまうのだ。

下の子がバイクに乗りたいというので
近所を散歩しながらセッティングチェック。
少し濃い目かな?

しかしあっという間に暗くなってしまう時期だな。
こんな時期に失業の身はつらい・・・


41歳 公募社長

2009年12月07日 23:30

今年の4月に41歳で山形鉄道の公募で社長になった人の記事
を今日の日経で見つけた。

大手旅行会社から万年赤字のローカル線で
任期は2年。
当然家族は猛反対したが
「一度くらい自分の夢に忠実に生きたい」
と子供の頃からの鉄道オタクであったという彼は家族を説得し応募
そして89人の候補者の中から見事に選ばれ社長に。
今では一緒に集客増のアイデアを
家族みんなで考えてくれるようになったそうだ。

10月にこれまでの紆余曲折の歩みをつづった著書
「私、フラワー長井線『公募社長』野村浩志と申します」を出版。
野村さんは本の印税を受け取らないかわりに
書店ではなく山形鉄道から購入すると500円が会社の応援資金になるという。
http://www.flower-liner.jp/

41歳。イバラの道への新たなる出発
同じ境遇というよりも
もっと厳しい道を自ら選び、進んでいく野村さんには
本当に頑張ってもらいたい。

ちなみに私は鉄道は詳しくないので
知らなかったのだがこの山形鉄道の「フラワー長井線」って
映画「スウィングガールズ」のロケ地で有名らしい?
しかしこの映画も見てなかったりする・・・


都内散歩

2009年12月08日 23:59

1208_PC082085.jpg

今日は再就職支援会社の面談のため都内へ。

すると山手線の外回りが止まっているらしい。
電車に乗らなくなって8ヶ月以上たっているため
さっぱり電車の運行状況とは縁が無くなっている。
まあ実際内回りなのであまり影響はないのだが・・・

前回体調不良でドタキャンのため
いつもより早い11時の予約だ。

面談では昨日依頼していた案件の応募をお願いし
近況や今後について話し合う。
個人的には今月頑張らないと
来月はまた厳しくなってくるのかな?と思っているのだ。
現在のコンサルは対応が的確で素早く
本当に良い。
特に具体的な案件の話をしていなくても
モチベーションがあがり
面談が終わると”頑張ろう!”という気にさせてくれる。

面談が終わった後
いつもは資料コーナーで新聞や雑誌を読むのだが
今日はすぐに事務所を出る。

”都区内フリーきっぷ”
という720円で東京23区内のJRが乗り放題
のきっぷがJR東日本から出ていて
これに往復の電車賃を合計しても
往復の電車賃と60円しか違わない事に
今頃になって気づいた。
という事で今日はこの切符を購入。
なので好きなところにいけるのだ。

まず渋谷に行き
学生の頃から通っていた立ち食い蕎麦屋で昼飯。
それから池袋へ
先日行った時にヤマダでハードディスクが安売りしていて
その時は荷物になるので止めたのだが
やはり欲しいな~と思い始めていたので
今回のフリーきっぷは助かった。
案の定未だに山積みだったので一つ購入。
次に中野のフジヤカメラを覗きにいくと
すでに3時をまわっていた。
急いで戻り上野へ。
上野公園を散歩し戻ってくると
西洋美術館の前庭がライトアップされていた。
前庭は無料なので見学。

写真はロダンの”地獄の門”
今の自分の境遇でこの作品を見ていると
いろいろな感情が込み上げてくる。
私はこの門を既にくぐってしまっているのだろうか・・・

最後に秋葉原に寄り
帰宅。
しかし意外と回れない事が判明。
次回はきちんとルートを考えておかないとダメかな?

そういえば昨日のブログ記事の
公募社長の野村さんから
直接コメントをいただいていました。
いや~びっくりした。
こんなブログではあまり役にはたたないと思いますが
頑張ってください!!

モンスターと草食系

2009年12月09日 22:50

日経ビジネスで
「団塊モンスター」というタイトルが目に付いた。

何でも定年退職して暇もお金も持て余した
団塊世代の人たちが消費者の対応窓口で
クレーマー化して困らせているとか。
そうはいっても本人達は決して悪気があるのではなく
自身の高度経済成長を担ってきた自負があり
正義感を持って良かれとの思いでの行動らしい。

なるほど
と思い少しネットで検索すると・・・
「XXモンスター」で出てくるのは
40代の親世代の
「モンスターペアレンツ」の話
ははは
どんぴしゃでオレ世代じゃん。
そしてそのモンスターペアレンツを憂いているのは団塊の方々。
聞いてはいたがこのモンスター達はまた物凄い。
本当に今の先生達は大変だよな・・・
と思いつつ先日の子供の担任の対応を思い出す。
もしかして自分もモンスター?

かたや草食系男子などと言われる
最近の若者。
まあこの「草食系」ていうのもマスコミが
面白おかしくするためにつけたようなイメージなのだが。
ただ間違いないのは最近の若い子が
”車”にまったく興味が無いこと。
そして目から鱗だったのが
今の若い世代にとって、物の値段は時間が経つと下がるという認識。
確かに今のデフレ時代今日より明日の方が安いのだ。
かたやバブルを経験したおっさん世代は
「今買わないと売り切れる」とか
「早く買っておけば安かったのに」という気持ちがあるのだ。

とまあ世代間であ~だこ~だ言うのは簡単なのだが
本当はどの世代が良くてどの世代がダメという単純な話ではなく
当たり前だがすべての世代は繋がっているのだ。
「団塊モンスター」がいて
「モンスターペアレンツ」がいて
「草食系男子」がいるという相関関係なのでは?
み~んな同じ穴の狢なのだ。

現在は富の世代間格差が激しいという。
確かにJALの企業年金が月50万円と聞くと
「え?」と思ってしまう。
私はそんな金額はもう現役の給料でももらえないであろうし
厚生年金をもらう事すら怪しいのだ。
そして若い世代はさらに厳しい将来を考え
節約し合理的に生きていくのだ。
「車」など金食い虫で、危険で、環境にも良くない
3Kの総本山のようなものなのである。
そんな風に考えるようになってしまったのは
今の日本の現状では当然の事なのだ。

「団塊」世代は「モンスター」ではあるが
そのボリューム、購買力からすると
実は宝の山なのだ。
この世代は6割程度がネットもバリバリ活用しているらしい。
暇と金と行動力を持て余している団塊世代。
口だけではなく是非ともお金も出して欲しい。

・・・ここをターゲットに何か商売やれば当たるかな?

適正価格

2009年12月10日 23:59

今日は下の子供の具合が悪かったので
家でお留守番。

昼にテレビを見ていたら
「1泊2食すると109円もらえる」などという
信じがたい旅館の情報があった。

何でもあるホームページから予約をすると
格安で宿泊でき
その中には上記の泊まってさらにお金がもらえるという
旅館もあるらしい。

そのタネあかしは
”会員制””間際の宿泊”
ようするに間際の空き部屋を宿側は安く提供して
さらに会員から集めた会費で割引を行っているのだ。

テレビではどこも損をしないし素晴らしいアイデアだ。
他でマネをするところが出てこないのが不思議だ。
・・・等と絶賛であったが、しかし本当にそうなのであろうか?

番組内でこの会社の社長が
ある旅館への営業をする場面があり
その宿の女将が最初に
「早くに宿泊を決めていただいたお客様より
 後から宿泊を決めた方が安く泊まれるのはどうしても納得できない
 常連客に申し訳ない」
という話をしていた。
それに対し社長は
「新しい需要を呼び起こすためのサービスであり
 空気を泊めても1銭にもならない、稼働率もあがります。」
と力説。
結局この旅館は加盟店となったのであった。

社長は「安売りではない。経営を効率化する」のだと説明していた。
確かに今まで高価であった広告費や手数料を省く事により
安く提供できるという点は正しいと思う。

しかし安い費用で利用できた消費者は
次には高い費用を負担しようとは考えないのが通常。
バブル崩壊後の前回のデフレ時”勝ち組”とされた牛丼。
当時280円であった事が未だに記憶に残っていて
BSE問題後の高い牛丼からは結局客の足が遠のいてしまうのだ。
土日にセールを行うユニクロでは平日に買い物をする人は少ないであろう。

間際で安く泊まれた客が
リピーターになって次も泊まるなどというのは無い。
間際で空いていたから宿泊したのではなく
安くなるので間際に決めたというのが実情だと思う。
次は・・・
やはり間際で安い部屋があればまた泊まるかもしれないが
無ければ他の安い旅館へ行くだけだ。

安くなった金額が基準になり
次はもっと安く、その次はさらに安く
と悪循環になっていくだけのような気がする。
このような体力勝負の安売りを続けていても
その場しのぎの問題の先送りをしているだけで
行き着く先は破滅なのか?

本当の適正価格というものを
今後は考えていかないといけないのではないだろうか?
最近の値下げラッシュを見ていると
大変恐ろしく感じるようになってきた。

しかし失業者の私は
今日も320円の松屋の牛丼を食べてしまうのであった。